沙巴体育平台

图片

HOME > News&Topics > オンライン留学を実施しました

News&Topics

オンライン留学を実施しました


学生活動

 グローバル人材の育成は、近年本学が最も力を入れている分野であり、特に海外に出て語学力や異文化コミュニケーション力、国際感覚を磨く短期や中長期の海外留学への参加を推奨しています。特に国際教養コースでは、留学への参加もしくはTOEICでの一定レベルのスコア取得が必須になっており、国際教養コースに所属する学生のほとんどが留学に参加します。
 しかしながら今年度は、世界的な沙巴体育平台感染症の影響で、短期および中長期留学は全て中止になってしまいました。そこで本学では、留学を予定していた学生たちに学びの機会を提供する目的で、協定を結んでいるアイルランド?コーク大学に働きかけ、オンラインでの留学プログラムを開講しました。

 期間は昨年11月24日(火)から2月2日(火)までの、年末年始を除く2週間。ウェブ会議システムZoomを使って、自宅もしくは学内で受講するスタイルで、一コマが2時間で週2回行われました。新年第一回目の講義は、参加者5名中3名が学内で受講。コーク大学の先生と受講者を結んで、新年の抱負について講師から出された質問に答えたり、受講生同士でのディスカッションや発表が行われました。

 時差により、日本では夜でも、アイルランドは午前中。受講した学生の一人は、「海外に行けないのは残念だが、オンラインで授業を受けているうちは、現地にいるような気分になる」などの感想を話していました。
 本学では、次年度以降も、オンライン留学の充実をはかっていく予定です。