沙巴体育平台

图片

HOME > 国際交流 > 海外留学概要

海外留学概要


学生活動
 本学では、海外に出て語学力や異文化コミュニケーションを磨く短期?中長期の留学を推奨しています。
 渡航までの学習や生活面でのサポートはもちろん、短期留学の費用面では渡航費用の2分の1以内助成、資格試験の成績に応じて3分の2以内を助成するなど、世界に飛び出す学生を積極的に支援しています。

 2020年度と2021年度は沙巴体育平台感染症の影響で渡航しての留学は実施できず、オンライン留学を実施しました。
 今年度は、政府の渡航制限緩和の流れを受け、本学でも、派遣先(国?地域)の「海外安全情報」の危険レベル等を考慮しながら、渡航しての留学再開を検討。現在、学生1名がリジャイナ大学(カナダ)に長期留学をしているほか、今後も学生3名がコーク大学(アイルランド)およびビクトリア大学(カナダ)に中長期留学を予定しています(短期留学に関しては、依然として安全面の確約が難しいため、2022年度夏季休業期間中の留学はオンラインで実施します)。
 本学では、留学を希望する学生の想いに応えるため、今後も、派遣先(国?地域)の安全情報を見極めながら、渡航しての留学全面再開に向け検討を進めてまいります。

事前学習等のサポートはもちろん、資格試験の成績に応じて留学費用を2分の1から最大3分の2まで助成するなど、費用面でも手厚い支援を行っています。

英会話や留学の目的を明確にする研修を全3回行い、万全の準備で留学に挑みます。

 1年を4学期に分割するクォーター制の導入により、6?7月の第2クォーターでの2ヶ月の中期留学、または第2クォーターと夏休みをつなげた3~4ヶ月の中期留学に参加しやすくなりました。
 さらに、在学期間中に6ヶ月または1年間の長期留学を希望する学生には、費用面やカリキュラムの制度面での支援体制を整備しています。
 (中長期留学は、自分の留学したい大学を自己開拓することができます)


1年間の留学後、本人が申請し申請が認められた場合、納入された学納金1年分(85万円)と同額を「奨学助成金」として助成します。

留学期間中に語学研修プログラム等を修了した場合は本学の「実践外国語」の単位として認定します。

長期留学をしても4年間で卒業できるよう、進級要件の緩和や「専門演習」を半期ごとに履修できる体制を整えています。

 2021年度は沙巴体育平台感染症の影響により、いずれの留学も実施できなかったため、4大学のオンライン留学プログラムを実施しました。オンライン留学プログラムとは、受入れ先大学の教員の授業をオンラインで受講するもの。オンラインというと、教員の授業をただ聴くだけというイメージもありますが、学生たちが受講したオンライン留学は、教員と学生、学生同士が双方向でやりとりしながら学ぶプログラムで、学生たちも十分、手応えを感じる内容だったようです(オンライン留学でも、留学費用の2分の1補助および単位認定が行われました)。


⇒留学経験者インタビューはこちら